#june29jp

CircleCI 2.0 に移行しました

2018-08-14

ここのウェブサイトは Hugo で生成していて、そのビルドとデプロイの自動化のために CircleCI を活用してきました。コミットログを見てみると、CircleCI を導入したのは 2017 年 1 月頃のようでした。

Try auto-deploy with CircleCI · june29/[email protected]

当時は CircleCI 2.0 の Closed Beta が進行していたころですかね。2017 年 3 月には CircleCI 2.0 Beta is Ready for Your Builds という発表が出ていました。ぼくが CircleCI を導入したのはそのちょっと前で、無邪気に 1.0 系を設定してしまっていたのだなあ。そんな CircleCI の 1.0 系は 2018 年 8 月末で提供終了になるとのことで、2.0 系への移行を行いました。

このスクリーンショットは 7 月 15 日にサイトに訪問したときにたまたま見かけた 6 並びのときのものです。かわいいから撮っておきました。

やったこと

  • Hugo の仕組みとは別に、ビルド途中で動かしている Ruby のスクリプトがあったので Golang で書き直した #51
  • hugogo を使える Docker イメージを用意した june29/golang-hugo
  • CircleCI 2.0 の設定ファイルを用意した #52
  • CircleCI 1.0 の設定ファイル、および、関連ファイルを削除した #53

これで無事に CircleCI 2.0 への移行が完了しました。そのあとにエッセイをひとつ書いて、ビルドからデプロイまでが問題なく動くことを確認できました。

https://circleci.com/gh/june29/june29.jp のログを見てみると、1.0 のときはビルドとデプロイにだいたい 120 〜 180 秒くらいかかっていたものが、2.0 では 60 〜 90 秒程度に納まっています。待ち時間が少なくなるといううれしい影響もありました。

夏休み期間中の自分のお道具箱のお手入れとしてちょうどいい塩梅の作業でした。楽しかったです。今後も CircleCI にはお世話になります。

おもしろかったら、いいジャン!してね

このエントリーをはてなブックマークに追加