#june29jp

これからチーム開発に立ち向かう花ざかりの君たちへ

2017-06-29

2017年度新卒研修がはじまりました! - ペパボテックブログ

上記エントリにあるように、今年の4月に入社してくれたフレッシュ・フレッシュ・フレーッシュな若者たち、社内では「新卒7期生」と呼ばれているみんなの研修の日々が続いています。毎日、彼ら彼女らががんばる姿を見ることができて、刺激的で楽しい最近を過ごしてきました。どうも @june29 です。

今は職種別の研修期間に突入していまして、エンジニア研修の座学もはじまりました。この座学は、ペパボの仲間たちがかわるがわる教壇に立ち、7期生に知っておいてほしい内容をおおいに語る時間になっています。下記は、座学講師を募集するインターネット掲示板の様子です。

ぼくも、ペパボに入社した2015年、その翌年の2016年と、こうした新卒生たちと交流する機会には積極的に関わってきました。自分とは違う世代の人たちと話していると気付くことが多いですからね。少しでもお近付きになりたいといつも思っています。

今年も「俺がやるぜ〜!」という気持ちはありつつ、うちの事業部にいる「自分がおもしろ人間であることをあまりアッピールせずにいるズルい人たち(?)」にこそどんどん前に出てほしいという想いがあったりして、座学の枠が少しずつ埋まっていく様子を一歩引いた位置から眺めていました。そんな、ある日。

今年のエンジニア研修の船頭役を務めている @asuforce@shimoju_ から「6月29日の枠が空いていまして」とお声がけいただき、この枠にふさわしいハンドルネームを持つ者は @june29 をおいて他にないだろうということで、ありがたくお引き受けしました。ふたりが与えてくれたテーマは「チーム開発」です。この瞬間から、ぼくがこれまでの10年間ほどの経験を思い出し、チーム開発について自身の考えをまとめあげていく時間がはじまったのでした。

3章から成る構成にしたものの、今日伝えたかったことは「チームについて」がほとんどでした。このあとに続くたくさんの座学の中で、ソフトウェア開発については、他の講師のみなさんが素晴らしい教えを示してくれるでしょうから、ぼくはそちらに任せることにしました。

花ざかりの君たちへ。これから過ごす日々に、楽しいチームと楽しいソフトウェア開発がありますように。応援しています!ソフトウェアエンジニアの定年退職まで残り1年となったぼくからは以上になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加