#家庭を支える技術

はじめに

このエントリは家庭を支える技術 Advent Calendar 2014の参加エントリです。ぼくは12月8日を担当します。前日は @darashi パイセンのたとえば、牛乳を買うといったことも忘れたくない私たちは。でした!

今回の Advent Calendar の立ち上げ人で、12月1日の担当でもある @kei_s さんの定期的に買う必要があるものをアラートする仕組みを作ったにも書いてある通り、わりと仲間内のいつものやりとりで、「うちに◯◯を導入した、いい感じ」「うちではこれ使っているんだけどハウアバウチュ〜?」的な会話は、けっこうあるんですよね。いつも楽しい。今回、もっとたくさんの家庭の、たくさんの事例を知ることができて、ずいぶんと楽しませてもらっています。みなさんありがとうございます。

なにを書こうかな

実は今年の5月にぼくの日々の暮らし 2014年春モデルというエントリを書いていて、けっこう生活のありさまは書いてしまっていたんですよね。これの焼き直し版を書きつつ、「じゃあ、なんでその技術を採用しているのか」みたいな、裏側のメンタルモデルみたいなところと、ちょっとした未来絵図みたいなのを書いてみようと思います、です。

家庭について

夫マン @june29 と、嫁ガール @mamipeko の2人からなる家庭です。新米夫婦です。

活用ツール、ジャンル問わずざっと書き出し

IMGP4176

  • Mac (ふたりとも)
  • iPhone (ふたりとも)
  • iPad (枕元に)
  • Slack (日々のコミュニケーションに)
  • LINE (ふたりの、というよりは、お互いの家族も含めたコミュニケーションに)
  • Google Calendar (スケジュール共有に)
  • Find My Friends (お互いの現在地確認に)
  • GitHub Issues (日々のタスク管理に)
  • Dropbox (ファイル共有に)
  • Flickr (写真共有に)
  • 各種ソーシャル系サービス (Twitter、Tumblr、はてなブックマーク等々)
  • Apple TV (リビングでの動画・音楽観賞に)
  • torne (テレビ番組の録画・視聴に)
  • IRKit (家庭内の家電操作に)

運用、運用、今日も運用

家庭を健全な状態に維持していくというのは、本当に長期のプロジェクトで、ひたすらに運用を続けていく営みだなぁと感じます。

そいでまぁ、なにか新しいことをはじめると問題は起こるし、なにかを長く長く続けたときにいきなり生じる問題もあるし、今まで問題なく進められていたものが環境の変化だったりによって問題が発生するようになったりもするし、ひたすらに問題解決の連続ですね。問題が起きてしまうのは仕方ないとして、それをいかに、協力的に、楽しく解決していけるのかが重要だ、とそんなふうに捉えています。「ともに問題を乗り越えられた数だけ、チームは強くなる」と思っていて、それは家庭というチームにおいても同様です。

だから、問題が起こるたびに、よく話し合って、解決策を模索して、たまたま自分たちの得意な「ソフトウェア」という領域で、もし便利な技術やツールがいい感じに問題を解決してくれそうだったら、それを試しに採用してみる──ソフトウェア技術者がいるどこの家庭にも、そんなやりとりがあるんだろうなぁと、きのうまでの家庭を支える技術 Advent Calendar 2014の参加エントリを読んでいて、想像してしまいました。各自、自分の持ち場で楽しくがんばっているのかと思うと、心強いものですね。

ツールの選定に際して

幸い、プログラマがいる家庭においては、各種ツールをカスタマイズしたり、ときには独自に機能を拡張したりして、自分たちに合わせて使い方を選んでいけます。そう考えたときに、ツールの Hackability というのはとても重要で、やはり Hackability の高いものを選びたくなります。

たとえば、ぼくらが連絡用チャットツールとして選んでいる Slack は、とても Hackability が高く、さまざまなツールと連携させたり、好きなタイミングで好きな内容を投稿できたりします。たとえば、5月のエントリにも書いた通り、毎朝その日の天気を投稿するようにしていて、洗濯はどうする〜といった会話に役立てています。

お天気おねえさん

今後のテクノロジーの発展に期待すること

あと、半年間ほどいっしょに生活してみて、パーソナルコンピュータというのは、本当にパーソナルコンピュータとして進化してきてしまったのだなぁと思います。パーソナル、つまり「個人用」ですね。家に置いてある iPad を使うときにも、誰かのアカウントでサインインしなければいけないわけで。タブレットにしろ、ノートブックにしろ、モバイルにしろ、「使う人はひとりである」という前提に縛られている印象を受けます。一方で、いわゆる家電と呼ばれるような、テレビとか、冷蔵庫とか、洗濯機とかは、ひとりで使おうと複数人で使おうとまるで問題がないんですよね。独り暮らしのときには感じなかったけれど、今はそういったことに気付くようになりました。

夜ごはんを食べるとき、いっしょになにかしらの映像(テレビ番組だったり、YouTube の動画だったり、DVD だったり)を観ることが多いのですが、このときの「リビングにある大型ディスプレイとしてのテレビ」というデバイスは、「家庭の時間」をつくるのに大きな役目を果たしていると感じます。

同じように考えてみると、「本棚」「音楽 CD ラック」なんかもね、本来は、その家庭の誰かが買ってきてポンッとアイテムを追加すれば、家庭内の誰もが自由に楽しめてよい類のものだと思いつつ、実際の Kindle や iTunes なんかはそうはなっていなくて、ちょっとした退化も感じます。このあたりは、近いうちに解消されそうなので、楽しみにしています。

初期のコンピュータは、それはそれは高価で、1台のコンピュータをみんなで順番に使っていたそうですね。それから数十年が経過して、1人1台どころか、1人が複数の CPU を自由自在に活用できるような世界が、すでに現実のものとなっています。じゃあ、みんなそれぞれ別々に行動することが幸せなのかというと、必ずしもそうではない気がしていて、家庭内の人々をつなぐコンピュータの在り方については、いろいろと思うところがあります。

1人1台を目指したパーソナルコンピュータの時代から、今度は逆流してファミリーコンピュータ(って言っちゃうと1983年まで遡っちゃうけれど)、あるいはソーシャルコンピュータといった方向への進化も、ありえるのではないかなぁと妄想しています。

今後も、ソフトウェア技術が、いろんな家庭の、いろんな幸せな時間を支えていってほしいなぁと思います。また、そこに自分も貢献できるといいな。がんばろう。

おわりに

このエントリは、家庭を支える技術 Advent Calendar 2014の、12月8日分のエントリでした!

あと17エントリが残っているので、本当に楽しみにしています。みなさんのご家庭のお話も、ぜひぜひ聞かせてください!明日、12月9日は @katzchang さんの家庭におじゃまします!

「Ruby徹底攻略」という本が出ます

今日は、個人の宣伝レベルのエントリを書きます。

Ruby徹底攻略 (WEB+DB PRESS plus)
Ruby徹底攻略 (WEB+DB PRESS plus) 角 征典 成瀬 ゆい そらは(福森 匠大) 田中 哲 笹田 耕一 村田 賢太 まつもと ゆきひろ 松田 明 後藤 大輔 浦嶌 啓太 高橋 健一 柴田 博志 近藤 宇智朗 大和田 純 白土 慧 原 悠(yhara) 伊藤 直也 WEB+DB PRESS編集部

技術評論社 2014-06-12
売り上げランキング : 1603

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2014年6月12日に、技術評論社さんより、「Ruby徹底攻略」というムッック本が発売になります。WEB+DB PRESSの連載が無事におわりましたのエントリでも書いた通り、以前に WEB+DB PRESS で「Rubyわくわくナビ」(ぼくの中では「Ruby cruising Love」でした)という連載を担当させてもらっていて、その中でも渾身の力作だった「データで見るRubyGemsの世界」という記事を、再収録という形で、この「Ruby徹底攻略」という書籍にも掲載していただけることになりました。

今回も @kei_s と共同作業しまして、執筆に入る時点で解析用のデータをすべて採取し直して、できるかぎり最新のデータを用いて RubyGems の世界を探検しています。2012年4月24日に発売された WEB+DB PRESS Vol.68 のときと少し景色も変わっているので、お手元に Vol.68 がある人は、差分を楽しんでもらうのもよいのでは、と思います。

こうして書籍の情報が出たのを受けて、執筆陣の名前の並びに自分がいるのは本当に変な感じがするなぁ…。研究室の先輩だった @mrkn 先輩に誘われて Ruby のこともよくわからないまま Ruby 札幌の勉強会に参加した当時の自分に、この本に記事を載せてもらったよ〜って言っても信じてくれないだろうよ。

引き続き、Ruby に感謝しながらプログラマとして生きていきたいと思います。がんばろっと。

Ruby徹底攻略

というわけで、この本をどうぞよろしくお願いします。いい記事がいっぱいなので、どうか手に取っていただけましたらと!

購入に際しましては、「ルビー 徹底攻略」で検索して、誤ってポケモンの攻略本を買ってしまわぬよう、充分に注意していただきたいです。

間違いのないリンク集

ぼくの日々の暮らし 2014年春モデル

どうも、じゅーんです。この春から恋人との共同生活がはじまって、ぼくの生活もいろいろと変化したので、ちょっこしメモを残しておこうかな、と思います。

IMGP3459

デジタル方面のカスタマイズや工夫はけっこう好きなぼくですが、これまで、ことアナログなテツヅキ的なやつが絡む対象、たとえば公共料金の支払いをひとつとってみても、「ま、いっか」と非効率な方法から抜け出さずにいることが多々ありました。ただ、同居人がいるとなると、ぼくのミスで迷惑をかけてしまうことにもなりかねませんし、工夫できるところは工夫して効率を上げていくと、楽しいことに向けられる時間や気持ちを増やせそうなので、ここ1〜2ヶ月ほどは、そんなことを考えながら、いろいろやってみたのでした。

クレジットカード

ぼくは、札幌で暮らしていたころの惰性と言えば惰性なのですが、お買い物のたびにヨドバシカメラのゴールドポイントが貯まるゴールドポイントカード・プラスをよく利用しています。ヨドバシカメラにはいろんなものが売っているので、ポイントが無駄になることはほぼありません。今回の引っ越しに際しても、数万円分のポイントを使って、だいぶ安くデジタル機器を調達できたりしました。

他には、ビックカメラSuicaカードも使っています。あるとき「Suicaのオートチャージのために、ビューカードを持とう」と思い、ビューカードの一覧の中からビックカメラのものを選びました。理由はさっき書いたのと同じですね。

家電量販店でお買い物をする機会ってのはけっこうあるので、そんなに悪くない選択だと思って活用しています。

Suica

都内で生活するなら Suica はあった方がいいですね。ないと厳しい。ぼくは Suica に通勤用の定期券を設定し、また、先述のビューカードとリンクさせて、オートチャージの設定を適用しています。残高が5,000円未満の状態で改札を通ると、自動で10,000円がチャージされます。だいたい、常に5,000円くらいはチャージされていることになるので、コンビニや、ふだんの飲食店での会計なんかは、Suica でパピッと済ませられて便利です。

公共料金の支払い (電気・水道・ガス)

クレジットカード払いにしています。一人暮らしのときは、毎月届く払込票を持っていってコンビニで払っていました。手間が減って楽になった。

銀行のウェブアクセス

これまで、銀行の口座にウェブからアクセスできるようにしておらず、キャッシュカードと通帳で管理していました。なんか、いつだったか一度、手続きしようとしたんだけれど、必要な書類が見つからなかったのかなんだったのか、とにかく「面倒くさい…」という気持ちになってしまって、遠ざかっていたのでした… アナログ手続きに対する苦手意識が強いせいで今までだいぶ損してきたな……

と、自分ひとりの「なんか苦手なので」というくだらない理由で非効率な生活を続けるわけにはいかないので、意を決して手続きしました。ヒャー、便利になりましたワァ〜。

なんかこんな2段階認証専用装置みたいな、贅沢なデバイスが届いたりもした。

奨学金のウェブアクセス

これを機にばんばんやったろ〜みたいな気持ちになって、奨学金についても調べていたら、スカラネット・パーソナルってやつを見つけて、返済ステータスとか閲覧できて便利だった。住所変更くらいの処理だったらここから済ませられちゃう。

保守的っぽいところも含めて、けっこういろんな団体がウェブ経由のアクセスを用意するようになったんだなぁと、そういう印象を持ちました。

マネーフォワード

マネーフォワード:Money Forward – 家計簿・資産管理

クレジットカードを頻繁に使うし、銀行のウェブアクセスも手に入れたし、ちょっとやってみるか〜と思って、勢いでマネーフォワードも設定してみました。いろんなところに散らばって存在している「お金の流れ」が1本化されて見えるってのは、想像していた以上にいい感じです。少なくとも「2014年5月は、入りがいくらで、出たのがいくら」ってのは、実状をほぼほぼ把握できるようになる。いい感じ。

たしかに「飲み会」費用になっていて、たしかにこれは楽しい。あと、ぼくは Kindle の漫画をめっちょ買っているんだけど、これは「教養・教育」に分類されているから、得した気分になる。教育費にだいぶ使っている。

GitHub Issues

GitHub Issues

生活のアレコレは、積極的に GitHub Issues にのっけて進行している。だいぶいい感じ。

トイレットペーパーの収納場所について考える

すごくいいと思う。

Dropbox

これはまぁ、いっしょに住むようになる前から使っていたもので、ファイルを共有するならあると便利です。

Slack

最近になって、メインのコミュニケーションチャンネルを LINE から Slack に変えました。LINE もすごく好きなんだけれど、ただただ「インテグレーションしたい…!」って想いが強くて、Slack を試してみたところ意外と定着した、という感じです。

Slack with GitHub

先に書いた GitHub Issues とはもちろん連携させていて、Issues の進行からチャットが自然にはじまるのは大変よい。

お天気おねえさん

あと、大田区のお天気おねえさんが毎朝9時にお天気をお知らせしてくれる。これを受けて「傘を持ってでかけようね」とか「今日はお洗濯できないね」とか、生活に関して身のあるやりとりをできるようになった。今のところ勝利感あります。

ぼくはどのプロジェクトに関わっていても「自分たちの日々を、自分たちで変えていける」っていう状況を重視したくて、そのためには、こういう手を加えて工夫できるツールはいいですよね。その要件を満たすものとして、Slack を選びました。クライアントアプリとして、Mac のやつも iPhone のやつもちゃんとあるので、着席中でも移動中でもばっちりです。いぇい。

炊事・洗濯・掃除

同居人に比べて家にいる時間が短いと、どうしても家事の面でお世話になることは多くなりがち。だけれども、せっかくいっしょに暮らしているのだから、なにもかも任せっきりになるのは避けたいなぁと思っています。うまいことやっていきたい。

とはいえ、がんばる気持ちだけ持っていてもなかなかうまくいかないもので、いろいろと試行錯誤しています。

今のところ自分としてうまくやれているかも、と思うのは「これは、相手より早く気付いて着手できる」という、担当しやすい領域を見つけて旗を立てるやり方です。たとえば「排水溝をきれいにする」は、ぼくがもともと好きな作業で、掃除は後手になりがちなぼくでも、率先して取り組むことができていて、そこそこ貢献できているんじゃないかと。

お料理もあんまり得意ではないので、やっぱり面倒を見てもらうことが多いのですが、たとえば「グリーンカレーは、ぼくがつくる!」と担当メニューを決めておくと、貢献のチャンスを確保できそうです。そういや、実家でも「餃子は父親」みたいな、お父さんメニューがありましたね。

まとめ

こうして書き出して自分で読んでみると、「めっちょ工夫しているぜフフン」というより、「今まで手を入れずにいたところ、いい機会だったから見直した」という感じでした。上京してきて最初に一人暮らしをはじめたときって、変化が大きすぎて、最初にどことどんな契約をしたかって、ぜんぜん把握できていなかったんですよね。今回は2周目なので、前回よりは自分の状況を把握・管理できるようになったと思います。

これを読んでくれた人も、「俺はこんな便利システムを使っているぜ」「こうやって簡潔に管理しているぜ」なんていう自慢話がありましたら、ぜひぜひお聞かせくださいまし!

紅白歌合戦に関するツイートを収集して遊んでみたお話2013

紅白歌合戦に関するツイートを20万件ほど保存して遊んでみたお話というエントリを書いたのが、2012年の紅白歌合戦を見たあとのことでした。これの2013年版ということで、1年ぶりに遊んでみました。

結果はこちら : KOUHAKU Tweets

去年、「Vimさま」こと @kana1 ちゃんとペアプロしてこしらえたスクリプトをほぼそのまま使って、今年は46万ツイートほどを収集できました、ワイワイ!去年はひとつのディレクトリの下に1ツイートにつき1ファイルを保存していてアッアッな感じになったので、今年はツイートの status id の上5桁ごとにディレクトリをつくってわけて保存するようにしてみたら、きれいに10個のディレクトリができました。

やってみて (紅白歌合戦の感想も含むかも)

KOUHAKU Tweets 2013

1年前は、贔屓目もありつつ「ゴールデンボンバーが話題になっているな〜」という感想を持ったものですが、今回はとにかく「イェーガーすごかった!」という感じ。ぼくが収集したツイートのデータにおいては、放送時間中の総ツイート数が「461,738」で、本文に「イェーガー/進撃/巨人/Revo/Linked Horizon」のいずれかを含むツイートが「84,464」です。実に、全体の18%ほどが、進撃成分を有するツイートだったということでしょうか。瞬間最大秒速については、全体が「3,036 Tweets/s」で、進撃成分のもので「2,176 Tweets/s」です。こちらもすごいですね。

ちなみに、下の動画はツイート収集中のコンソールでして、このときはちょうどふなっしー先輩が暴走した直後かな。

1年前に比べて #NHK紅白 付きのツイートの流量は2倍くらいで、放送時間中ずっと、ぼくのコンソールには文字が勢いよく流れ続けていました。日本のみなさん、紅白歌合戦を見ているんですねぇ。去年よりツイートが多かったということは、日本におけるツイッターの利用がますます活発化しているということでしょうか。ぼくひとりではむつかしいかもしれませんが、大晦日の定番となっている他局の他の番組についても、放送時間中のツイートを収集して、この紅白歌合戦のツイートの流量と並べて比較してみると、日本のお茶の間の実状がもっとわかるようになるかもですね。

もう道具はだいたい揃っているので、2014年の年末も同じような形でツイートを収集してみて、定点観測できたらいいなぁと思っています。

Adventarの開発をお手伝いさせてもらっています

ここ数年でぼくの身近なところではすっかり定着した感じの、クリスマスシーズンを楽しむブログリレー形式のイベントである Advent Calendar のためのアプリ、その名も Adventar の開発をお手伝いさせてもらっています!そのお話を書きます。

Adventar

ぼくと Advent Calendar

探してみると、過去にはこんなエントリたちを書いていました。

そうそう、ぼくは Advent Calendar が好きです!

2009年の日本では Perl のコミュニティで Advent Calendar が盛り上がっていて、それの Ruby 版として Ruby Advent Calendar jp: 2009 : ATND が催されて、このときぼくは眺めているだけの存在だったように記憶しています。今になって参加者のメンツを見てみるとおもしろいですね。2010年に自分も「書く人」として参加できたのはうれしかったんですよ。はしゃいでいました。

ぼくと Adventar

2012年の10月には、ぼくは「Advent Calendar に特化した Web アプリをつくりたい!」と思っていました。当時は ATND なんかを使って催されることがほとんどでしたが、これって ATND の本来の使い方とは少しズレているし、使えないことはないとしてもベストではない、そう感じていたんです。「もっと、用途に合わせたいいものを作れる」と思いました。…なんだけれど、この時期には、それとは別にもうひとつやりたいことがあって、二択で悩んで、結局、別の方を選んだのでした。やらなかったことを書くのつらい。

そんなふうにぐだぐだしたまま迎えた2012年11月1日、@hokaccha さんという人が Adventar というアプリをつくってリリースしていました。ぼくは「あっ、これもうぼくが作る意味なくなったわー、完全にヤル気なくしたわー」と思って、その日は石コロを蹴飛ばしながら帰りました。

その数日後のツイートがこちらになります。

かくしてぼくは、自分がつくろうと思ったけれど自分の都合でつくらなかったアプリをつくった人ということで目の敵にしていた(していない) @hokaccha さんと会うことになるのでした…。

そんで、今日まで

会ってお話してみたらめっちょいい人だったので、ぼくはすぐに @hokaccha さんのことを好きになって、それから白塗りとか†††とかいろいろあって、どのタイミングだったか忘れましたけれど「ぼくもつくりたかったやつなんで、お手伝いさせてください!」つって、半ば強引に Adventar の開発メンバーに加えてもらいました。似たようなアプリをつくってパイを取り合うよりは、協力してひとつのいいものをつくった方が、ぼくにとってもうれしいことだろうと思ってのことです。

それからは、ソースコードにコメントしていったり、改善案を出したり、仕様を明確にしていったりして、細かいところでちょっこしだけ貢献させてもらいました。いちばんの貢献は、Rails にも Git にも抵抗のないウェブデザイナさまであるところの @ayumiko さんを引き込めたことかもしれません!

ここまで、自分の中のパッショーネ(イタリア語で情熱の意)に対してコミットが物足りない感じがあるので、運用フェーズに入ったこれから、少しでもコミットを増やしていきたいなぁと思います。

他のメンバーたちのエントリも、あわせてどうぞ!

まとめ

2012年につくろうと思っていたけどつくらないことにした、Advent Calendar に特化したアプリ、今では @hokaccha さんに乗っかる形で関わっているのでした。俺得!ときにはパッショーネ(イタリア語で情熱の意)を持って頼み込んでみるのもいいものですね。

ここ数年で日本に定着した Advent Calendar の文化が好きなので、広く、みんなで楽しんでいけたらいいなぁと思います。このエントリを読んでいるそこの君も!気になる Advent Calendar があったら、ぜひ参加してみてくださいね。

2013年の年末をもっと楽しくする Adventar を、どうぞよろしくお願いします!