#june29jp

とちぎRuby会議02に参加してきた

2009-11-01

まず一言.とっても Nice な RubyKaigi でした!

とちぎRuby会議02 – Regional RubyKaigi

"ToRuByの会"

イベントに参加すると,多くの場合「楽しかった!」という感覚を抱くのですが,今回は楽しい気持ちももちろんありつつ,それよりも「よかった!」という言葉がピッタリとあてはまる感じがします.一時的にテンションがガーッと上がるよりも,じわじわと感じる良さがありました.

「この人たちが,この地にいて,このコミュニティが,このイベントがあるんだなぁ」と,上手く言葉にできませんがそんなことを思いました.

「儲かるRuby」

テーマの設定が絶妙でした.実際に「儲かる」話があったかどうかは別として,いつもは「技術」のお話をしている人たちが,「技術に対するスタンス」みたいなものを語っていて,それが今のボクにはとてもありがたい内容でした.

しまださん

お話を聞いていて,感極まってしまうタイミングが何度かありました.

安心できる場所

ボクは今,就職して1年半というところで,会社も1社目で,他の会社と比べてどうだとか論じることができません.今の会社,今のチームにいて育てている価値観や考え方が,自分にとって良いものなのかどうか,自分の感覚以上のものではかることができません.

だけど,こうして関わらせてもらっている RubyKaigi や,他のコミュニティに共通する良さを感じる瞬間ってのが確かにあって.そうやって「良いなぁ」と感じられる点をつないでいくと,安心できる場所が見えてきます.「こことつながっていて,悪いことにはならないだろう」と思えるんです.

東京に帰る新幹線の中で,そんなことを考えていました.運営の皆さん,発表者の皆さん,参加者の皆さん,どうもありがとうございました!またお会いしましょう!

snoozer29

おもしろかったら、いいジャン!してね

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の前後の記事や、いくつか適当に選ばれた記事たち