#june29jp

ゆーすけべー先輩の「Webサービスのつくり方」を読んで、この6年くらいのことを想うなど

2012-12-09

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus) Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)
和田 裕介

技術評論社 2012-11-20
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

読みました!書評を書く感じでもなかったので、思い出話を書きます。

ゆーすけべー先輩

ぼくは勝手に「先輩!」って思っているのだけれど、ゆーすけべー先輩の背中を追いかけるようになったのは、もう6年も前のことです。月日は百代の過客すぎますね。

当時、まだ北海道にいて、大学生で、ウェブサイエンスを扱う研究室に所属していて、完全に「Web2.0」な熱気の中にいた自分は、ゆーすけべー先輩のPlaggerとCatalystでCDTVならぬCDTube作ってみた – ゆーすけべー日記を読んで「ふあああああああ!」となりました。これのコンセプトを丸パクりしたような「mixiMusicTube」というユーザスクリプトをついカッとなってつくったりもした。なつかしい。ちょっと恥ずかしくもある。

「大学院を卒業したら、どうすっかな〜」なんて、あんまり真面目に考えてはいなかったのだけれど、それでも漠然と考えずにはいられなかったころ、ゆーすけべー先輩は、ぼくのロールモデルであった。もうちょっと具体的にいうと「ひとりでつくれる人になりたい」と思っていたのだ。

その頃はまだ、各種ウェブアプリケーションフレームワークも未成熟で、ふりかえってみて驚くけれど PaaS という概念もなくて、思い付いたものをつくって公開するのが、2012年現在の5倍から10倍くらい大変だったと思う。ちょっとしたものでも「週末にひとりでウェブサービスをつくりました」ってだけで話題になった。誠 Biz.ID:田口元の「ひとりで作るネットサービス」探訪なんてシリーズもなつかしい。

そんな中で、ゆーすけべー先輩は輝いて見えていた。企画から設計、実装、運用までをひとりでこなせるなんて、すごい。そうやって生きていけるなんて、かっこいい。ぼくは、ゆーすけべー先輩みたいになりたかった。

ただの思い出話になっちゃうけれど「Plagger」がすごく流行っていた。「それ、ソニープラザで買えるよ!」を略して「ソニプラ」って言ったりもしていた。余談だ。

上京してから

どういう流れでそうなったのか覚えていないのだけれど、ゆーすけべーさんたちと一緒に富士山に登った。

yusukebeさんとtomyheroさん

この写真は B’z っぽくて、すごく気に入っています。

TENGAとチップスター

山頂で食べたチップスターはおいしかった。

本書を読んで

きっとぼくが、この6年間のゆーすけべー先輩の活動をちょくちょくウォッチしていたからでしょう、知らないことは、ほとんど書いていなかった。技術的なことに関しても、読んでいて「わからない」箇所はなかった。

6年前のぼくが憧れていた姿は、たぶんもうここにはなくて、先輩は「まだ本には書かれていない」場所にたどりついていて、もしぼくが目指すとしたらそっちなのだなぁ、という気持ちになりました。

hage

というわけで、ぐだぐだ言っていないで、今からコードを書こうと思います。1981の忘年会、楽しそう。

(追記) コードを書こうと思ったけれど、1981の忘年会に行くことになった。

おもしろかったら、いいジャン!してね

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の前後の記事や、いくつか適当に選ばれた記事たち